子育てをエンジョイ!知育あそび&子育てわあるど
育児日記・幼児英語教室体験記編
子育て・育児はじめての方へ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴

 

[MENU]

 

2005/06/04
幼児英語教室体験記その1

2005/07/09
幼児英語教室体験記その2

2005/07/20
幼児英語教室体験記その3

2005/11/19
幼児英語教室体験記その4

2006/02/06
子どもをほめること

2006/04/09
自然と身に付く英会話

2006/04/2204
幼児英語教室の発表会

ディズニーの英語システム無料サンプル

 2歳9ヶ月から通わせ始めた、幼児英語教室の体験日記です。

2005/06/04 幼児英語教室体験記その1

どうする?幼児英語教育」のコーナーで触れているけれど、あやかはこの春より幼児英語教室に通い始めた。
今日はその教室の日。 朝から風邪気味であんまり体調が良くない様子なのだけど、本人に聞いたら行きたいというので連れて行った。

Hello・Good Morning などの日常的なあいさつを曲に合わせて踊ったり、キャラクター人形を使ってシチュエーションを作ってお話ししたり、絵本のような教材を見せながらお話するといった内容。 50分間は長いようでけっこう短く、あっという間に過ぎてしまう感じ。

出てくる言葉や単語はだいたいの大人が知っているものなのだが、ひとつ感心したのが、発音の言葉の強弱に関しての教え方だ。
例えば、Good Morning(グッドモーニング)の場合、Mo(モ)の部分を一番強く発音する。

これをどう教えるのかと言うと、
まず、キャラクター人形をねんねさせておく。そして「朝が来たから、この子におはようと声をかける」という設定(シチュエーション)を作るのだ。
そして先生が、Good Morning(グッドモーニング)と声をかけながら、Mo(モ)の部分の発音の際にその子の背中をポンッとたたく。

やってみるとわかるのだが、たたくという動作は、確かにその言葉の部分のみを強く発音させることができるんだよね。
この動作を真似させることにより、耳で聞いた言葉を体で感じながら覚えさせるという事ができているのだ。

ほんのちょっとしたことなんだけど、なるほどなあ〜と妙に感心させられてしまった。 言葉ではうまく説明できないけど、こういった感覚は、英語教室ならではのものだと思う。

さてさて、感心している間に、肝心のあやかはと言うと・・・
これがまあ、真剣そのもの! 最初にかわす先生との3つのお約束(しっかりとおめめでよく見る。お耳でよく聞く。先生のすることを真似っこする)を忠実に守り、50分間集中して歌ったり踊ったり・・・。

先生に「あやかちゃんはすごい集中力があるんですねえ。途中であきちゃったりする子ってけっこう多いんですが。」とほめられ満足げのご様子。
興味のあるものに対してのこの集中力・・・恐るべし!!
たまにはママの言うことも、真剣に聞いて欲しいと思うはやしっちであった・・・。

子育て・育児・幼児・知育あそび

 

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど