子育てをエンジョイ!知育あそび&子育てわあるど
子育て・育児・保育園
子育て・育児ごあいさつ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴

 

[MENU]

★未満児保育に出したわけ

★待ちに待った入園式

★半日保育園生活の初日

★半日保育園生活2〜4日目

★一歩すすんで二歩さがる
保育園生活4月中

★思いがけないプレゼント

★大きく成長!
保育園生活5月中

★保育園大好き
保育園生活6月中

★保育園生活
 7月中

★保育園生活
 8月中

★先生と私の交換日記
(前期)

★保育園生活
 9月中

★保育園生活
 10月中

★保育園生活
 11月中

★保育園生活
 12月中

★保育園生活
 1月中

★先生と私の交換日記
(後期)

★保育園生活
 2月3月中
(ファイナル)

 

保育園生活7月中

 7月に入るとちょっとした行事があった。
「子育てしながら親育て!ブログ」でも記事を書いているが、プール参観やお誕生会といった催し物である。子どもの成長ぶりを見れるのは何よりもうれしい事だ。
(詳しくは保育園でのお誕生会を参照下さい。)

 ただ月曜日の朝になると「保育園行かない。ママと離れるのさみしい。」とべそをかいてしまうこともある。それは4月ころに比べればさほど長くは続かず、ご飯を食べて支度を整えるとちゃんと素直に行くのだが。

 また今月の半ばにはちょっとした事件があった。月曜日でもないのに、突然4月頃のようなダダこねをし、朝の涙のお別れをすることになったのである。
わけを聞いてみるとどうやら、一人の先生に、自分が怒られたか、おともだちが怒られたかしたらしい。それで一時的にイヤになってしまったようだった。

 あやかは非常に敏感でデリケートなところがある子だ。私とおばあちゃんがケンカではないが、ちょっとした言い争いをしていると、今にも泣きそうな顔で「ケンカだめよ〜」と割って入ってくるし、デパートとかで子どもが親にどなられたりする場面に遭遇すると、まるで自分が怒られているかのように、顔をしかめて切なそうな顔をする。

結局、さほど心配することはなく、2〜3日過ぎには以前のあやかに戻ったので一安心だったけど。

 こういう時「子どもがうけるストレス」というものを考えてしまったりする。
集団生活というのはとかくガマンを強いられることが多い。プールで遊ぶこと一つとっても順番を守ったりしなければならないし、一番ワガママを言えるママパパもその場にはいない。家にいるよりは受けるストレスというものも多いのではないかと思う。少しかわいそうな気がする時もある。

 だけど、人間はひとりでは生きられない。社会というものは集団生活の場であって、人間関係の円滑さが大切だとも思う。早いうちに色んな体験をすることによって、環境に適応する力を身に付ける意味では重要なことだとも思う。

 保育園の先生は「おうちで目一杯甘えることによって、保育園生活になじむことができ、安心して遊べるようになるものですよ。」と言う。
つまりは、普段の日常生活での親の接し方が重要なポイントとも言えるのだろう。
 平日は帰ってくるのは夕方であり、ご飯の支度などで忙しくなったりするので、なかなかゆっくり相手をしてあげられないが、土日はなるべく本人の希望に合わせて、遊びに連れ出したりするようにしている。保育園で友達と遊ぶのは楽しいが、まだまだママと一緒にいる方がいい・・という気持ちが強いのがわかるからね。
  大人も子どももストレスを受けるのはイヤなことかもしれない。
だけど、ゆっくりでいいから一歩、一歩ともに歩んで、ストレスを克服していこうね、あやか。
子育て・育児・保育園
ベビー&キッズ向け英語・知育教材なら>>>「IZUMI ONLINE」におまかせ!
知育あそび&子育てわあるど 子育て 保育園情報

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど