育児ストレス・子育てストレス

育児ストレスと上手に付き合う方法
子育て・育児ごあいさつ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴
子どもの夜泣きや、日常生活のお世話で振り回されるとき

 赤ちゃんがこの世に生まれ出でてから、ママパパの生活サイクルは一変します。 まず、3時間ごとの授乳、お風呂にオムツ替え、最初は慣れないから余計手間がかかる。

少し慣れてきたころには離乳食作りがスタートし、子どもの成長速度によって、子どもから目が離せなくなる。たえず気を遣い、目を配り、ゆっくり寝ることもできやしない。
とかく乳児期は、赤ちゃんのお世話で振り回されるものです。

 特につらいのが「夜泣き」。
これはけっこうこたえますよね〜。大体夜泣きは6ヶ月前後によくおこるものだと言われ、その原因は不明なんだそうです。

 うちの場合はその時期にはまったくなく、この子は夜泣きしないから親としては楽だわ〜と思ってました。ところが、1歳3ヶ月に心臓の手術をし、帰宅してしばらくたったころ突然始まってしまいました。
 毎晩毎晩1時間おきに泣き叫ぶ。よっぽど、病院での手術体験が怖かったのでしょう。子どもの気持ちは痛いほどわかりますが、ただ抱き寄せて「大丈夫、大丈夫。ママがそばにいるよ。」と言ってやることしかできないし、さすがにつらかった。
この夜泣きは毎晩1ヶ月ほど続きましたがその後はだんだんと減っていき、3ヶ月後にはなくなりました。

 この時、私はどうしたか?
とにかく子どもの生活サイクルに、自分もあわせるようにしました。子どものお昼寝の時間は一緒に寝て、少しでも睡眠不足を解消したのです。寝不足はイライラのもと。それを解消するのが先決です。

 何年もの間、夜泣きする子なんていやしません。成長とともに自然になくなるものです。 その一時の間のガマンだと思って、乗り切りましょう!

<何をするにもイヤイヤ攻撃されるとき>

 

子育て・育児ストレス 子育て・育児ストレス 子育て・育児ストレス

知育あそび&子育てわあるど 子育て 育児ストレス

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど