育児ストレス・子育てストレス

育児ストレスと上手に付き合う方法
子育て・育児ごあいさつ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴
同居してる家族が子育てに非協力的なとき

 ・・・これが一番やっかいな問題ですよね。
特に一番頼りにしたい旦那さまが子育てに無関心だったりすると、子どもに対してだけでなく、旦那の態度にもムカついて、余計イライラがたまったりします。

 ネットサーフィンをしていると、様々な子育てサイトに巡り会いますが、中には子育てに非常に熱心なパパさんもたくさんいて、その子煩悩ぶりに、うらやましい気持ちさえするものです。
ただ他人の旦那さまをうらやましがっていても、何の解決になりません。
自分の旦那さまと「子育て方針」について、よく話し合うことが先決だと思います。

 また子育てに協力してほしい時も「パパなんだからこれやってよ!」と頭ごなしに命令するのではなく、「●●ちゃんはパパのこと大好きなんだって〜、これやって欲しいって言ってるよ〜。」という様な感じで下出に出てお願いするのもひとつの手だと思います。
人間、頼られる・・・というのはうれしいものです。

特に「子どもがパパを頼りにしている」ということを日々アピールすれば、徐々に関心をもってくれるようになるのではないでしょうか?

 それでも、心底甘えてみても、心から訴えてみても「子育ては母親ひとりの仕事、俺には関係ない」という考えを改めない旦那さまであったとしたら、そこはスパッと割り切りましょう。
あてにするから、ムカつくんですよ。最初からあてにしなければ、イライラも少なくなるというものです。

 考えてごらんなさい。子育ては確かに大変だし、イライラもつのったりする事もありますが、子どもの笑顔や成長ぶりは、親としてとてもうれしい出来事ですよね。涙うるうる・・・なんて感動することにも巡り会ったりするものです。

 子育てに無関心であるということは、こういった感動も体験できないということになります。
かえってかわいそうな人間だなあって思いませんか?

「私一人が子どものお世話に振り回されて不公平だ!」と思う気持ちを、「私は子どもの笑顔を独り占めできるのよ〜!どうだ!うらやまし〜だろう!」というような気持ちに切り替えてみるといいと思うのです。

 そして、がんばってみたけれども育児に疲れ果て、育児ストレスによって体調をくずしてしまったような時。こういった時は思い切って2〜3日、保育園などにあずかってもらうのも得策だと思います。
都道府県によって差はあるかもしれませんが、未満児(0歳〜3歳未満)の場合、半日1,000円1日2,000円で、AM8時からPM4時までの間預かってもらうことができます。

 小さい子どもを他人の手にあずけるなんて、とてもできない・・・。
私もそう思っていたひとりです。3歳過ぎるまではどんな事があっても自分の手元から離しちゃいけない!と思っていました。

でも、高熱を出してフラフラ状態で子育てをするのは本当につらかったです。
子どもに対して笑顔で接することはできなくなりますし、自分の病気回復もはかどりませんでした。3日もゆっくり寝ていれば治る風邪も、1週間、2週間と長引き、マイナスな状態にしかなりませんでした。

 保育園の先生たちは子育てのプロです。
かえって高齢のおばあちゃんおじいちゃんたちに預けるよりも、子どもにとって楽しく、安全である場合もあります。また、事前にその保育園の内情がわかることで、3歳になってから通う保育園選びにもプラスになると思います。

 子どもは社会の宝物。
様々な育児支援の場を上手に利用し、育児ストレスと上手に付き合って子育てをエンジョイしましょう!

子育て・育児ストレス 子育て・育児ストレス 子育て・育児ストレス

知育あそび&子育てわあるど 子育て 育児ストレス

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど