子育てをエンジョイ!知育あそび&子育てわあるど
子育て・育児・子どもの病気
子育て・育児ごあいさつ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴

 

[MENU]

救急か否か?見極めのポイントは?

熱がある

下痢をした

吐いた

咳やゼロゼロがある

ひきつけた

発疹がでた

 

信頼できる病院を選ぼう

 

入院のための病院選びについて

 

入院時に準備するもの

 

【せき、ゼロゼロがある】

 咳がいつから始まったか、長く続いてるかなどの症状の出方と、呼吸の状態、またそれ以外の熱などの症状があるかどうかが、SOSサインの鍵となります。

●家の中で様子をみてもよい場合
日中、時々せきが出たり、寝入りばなや明け方に出る程度で、きげんがよくて元気であれば、あまり心配はありませんが、長引くようであれば、症状が進まないうちに、早めに受診しておくと安心だと思います。

●早めに病院に連れて行く場合
タンのからんだ咳が出て、熱や鼻水・くしゃみを伴っている、きげんが悪い。息をするたびにヒューヒュー、ゼイゼイしていて犬の遠吠えのような咳が出るなどの症状の場合は、気管支炎や気管支ぜんそくの可能性がありますので、早めに小児科を受診しましょう。

●夜間であっても大至急病院に連れていく場合
咳き込みがひどくて、咳と一緒に吐いてしまう。苦しくてじっとしていられない様子で寝付けない。肩でハアハア呼吸し、小鼻がピクピク動いたり、首の付け根が、咳き込むたびに大きくひっこんだりする。
上記のような症状の場合は、大至急病院に連れていきましょう。

<ホームケア>
咳き込んだり、咳が立て続けに出るときは、たて抱きにして上半身をおこし、背中を軽くトントンたたいたり、さすってあげましょう。
また、あおむけに寝かせて、蒸しタオルを顔に近づけ、湯気を吸わせてあげると症状がやわらぎます。

みかんなどのすっぱい食べ物や、冷たい飲み物やアイスなどは、咳が出やすくなりますので控えましょう。ぬるめの白湯や番茶などを与えて、のどをうるおしてあげましょう。

子育て・育児子どもの病気 子育て・育児子どもの病気 子育て・育児子どもの病気

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど