子育てをエンジョイ!知育あそび&子育てわあるど
育児日記・幼児英語教室体験記編
子育て・育児はじめての方へ 子育て・育児サイトマップ 子育て・育児更新履歴

 

[MENU]

2005/05/21
アンパンマンミュージカル体験記

2005/05/31
子育て株式会社

2005/06/30
母子家庭の実態

2005/07/08
水ぼうそうが大流行中

2005/07/25
楽しい祇園祭り

2005/09/19
あやかの性格

2005/10/14
1万アクセスに乾杯!

2005/10/18
3歳児健診

2005/11/05
興奮&緊張度120%!授賞式

2005/11/07
女の子の最初のイベント七五三

2005/12/31
子育て中のすべてのママパパへ

2006/01/01
2006年の初詣

2006/01/17
3万アクセスに乾杯!

2006/02/03
あかおにちゃんの登場!

2006/02/08
だだこねの理由

2006/03/07
こども病院定期外来の日

2006/03/07
12キロの3歳児

2006/05/08
あやか姫のおえかき進化論

2006/05/16
我が家流、薬の飲ませ方

2006/06/06
帝王切開と自然分娩

子育て中の出来事や、ひとりごとをつづった日記です。

2005/06/30 母子家庭の実態
うちは母子家庭だ。 とはいっても、子どもと2人きりではなく、おばあちゃんと私の兄(いまだ独身)と4人で住んでいるので、一応ひとつの家族の形になっている。

母子家庭でうけられる恩恵といえば、「児童扶養手当」だが、うちの場合はおばあちゃんも兄も収入があるため、私にたいした収入がなくても1円ももらえない。
アパートを借りて世帯を別にすれば対象となるけれど、仮に最高額を支給してもらえたとしても約4万円。アパートの家賃で終わってしまう金額。

以前、1年間ニュージーランドに住んだ経験があるけれど、ニュージーランドでの母子家庭は日本と比べるとかなり優遇されていた。
その支給額は1ヶ月1000ドル(当時換算で約7万円)。
ワーキングホリデービザで、私らが1ヶ月働いて得る収入は、約5万円〜6万円。ぜいたくしなければ、これで十分に生活できるわけで、これに比べると母子家庭の恩恵はかなり高いと言える。

ニュージーランドのある女性は、この恩恵をうけてず〜っと働かずに子どもを育て、子どもがある程度大きくなった時には、自分自身が大学に通っていた。

日本で今増えつつある母子家庭&父子家庭。
私の場合は、頼れる家族がいたからこそ、今の生活があるわけでとても恵まれているとは思う。

しかし、世の中にはどうしようもない理由でシングルマザー、シングルファーザーにならざるをえなくて、しかも頼れる身内もいない人もいるだろう。
そういった人のため、またその人たちの子どものためにも、もう少しこの制度を見直してほしいと思う今日この頃だ。
子育て・育児・幼児・育児日記
知育あそび&子育てわあるど 子育て 子育て日記

 

知育遊び&子育てわあるどTOPへ
知育あそび&子育てわあるど